ホテルはトリップを向上させるためのツール|イベント改造計画

伝統を受け継いだシステム

旅館とうまく棲み分けが出来ている国内のホテル

国内において、宿泊施設は昔から存在していました。というのは、遠くの神社などにお参りに行くといった風習があり、旅は一般化していたので、当然、泊まる場所の需要は高かったからです。 そういった古くからある宿泊施設は、後に旅館という形になりました。では、ホテルはどうかというと、近代化されて以降ということになります。 家族が揃って宿泊するという形になることが多い旅館と、一人でも泊まれるホテルというのは棲み分けが出来ているために、現在でも、国内では旅館とホテルが両立しています。 当初は、収入が高い人だけが泊まっていたホテルですが、最近はバックパッカーのようなお金を持たない旅行者などの客層に合わせて様々な形のホテルが存在しています。

外国人観光客のおもてなしに力を入れていく流れ

では、今後、ホテルはどのように繁栄していくのかということですが、最近、円安が進んでいることもあり、海外からの観光客が増えているので、外国人も気軽に宿泊出来るホテルも増えていくでしょう。 たとえば、外国語を話せる従業員を揃えたり、外国人向けの観光案内をするといったホテルです。最近は国内のスキー場が外国人に人気があり、海外からスキーにやってくる人が増えているので、そういう人に応対するために外国人の従業員を置いているところも多くなってきています。今後、そうしたところは更に増えていくでしょう。 また、地元の観光施設や商業施設と連携して、外国人の宿泊客を誘導するという試みも行っているところがあり、宿泊客を増やすことでホテルだけではなく、地域全体を活気づけていくという流れになるでしょう。